松浦整形外科 OFFICIAL WEBSITE

治療

■ 疾患別治療例


● 変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)

膝の軟骨が擦り減るために起こる関節炎。

基本は生活指導です。関節炎の進行にあわせて、コンドロイチンの注射から、運動、リハビリ(レーザー、温熱治療)、ヒアルロン酸注入まで行っていきます。O脚の予防のために、足底板装具や膝の靭帯が緩んできている方には膝の装具まで作成していきます(保険適応)

● 頚椎・腰椎ヘルニア(けいつい・ようついヘルニア)

椎間板(ついかんばん)が神経を圧迫して手や足の痺れ、疼痛、筋力低下などが出現します。

日常生活に支障が出てしまう疾患です。 頚椎には低出力レーザーによる星状神経節ブロックや牽引療法(けんいんりょうほう)、腰椎にはコルセット、低出力レーザー、牽引、神経ブロックまで行っていきます。 痺れや疼痛(とうつう)のひどい方には注射も施行。ほとんどの場合保存的治療で軽快しますが、場合によっては手術になる方もいます。 手術の適応を認める場合は、適切な施設を紹介させていただきます。

● ぎっくり腰(ぎっくりごし)

顔を洗おうと起きあがったら・・・

基本的には安静。生活指導を徹底的に!

● 足関節捻挫(あしかんせつねんざ)

運動中などに足首をひねっておきる靭帯損傷。

初期治療は圧迫、挙上(きょじょう)、冷却、固定です。損傷の程度にあわせて固定期間を決定し、 その後の筋力トレーニングまで指導します。 運動を始めていくにはその開始時期がありますので、患者様の運動内容にあわせて指導していきます。 初期治療をしっかりやらないと、後に変形性足関節症の原因になったらり、 習慣性になったりしますので軽度でもぜひ受診してください。

● 外反母趾(がいはんぼし)

もともとの骨格をベースにして起こる現代病

レントゲンにて変形の程度や部位を特定し、装具療法を中心に、 運動指導、低出力レーザーなどの治療を行っていきます。 足底板装具(そくていばんそうぐ)が重要であることをご存知ですか?

足底板装具

● 手指の腫脹・痛み(て・ゆびのしゅちょう・いたみ)

リウマチ疾患から変形性関節症、皮膚科疾患に関係する関節炎まであらゆる疾患が存在します。

血液検査やレントゲン検査、臨床所見にて判断し治療を進めていきます。一度ご相談ください。

● オスグットシュラッター病

成長期の男子に多い、膝の障害。

ストレッチの指導が中心となります。 サポーターや場合によっては安静による治療が必要なことがありますが、基本的にはスポーツをつづけながらの治療です。

● ばね指

指の屈筋腱(くっきんけん)の腱鞘炎(けんしょうえん)です。

朝、手の指を伸ばす時にぽきっと引っかかる・・・。
40代女性、糖尿病のかたなどに多いと言われています。腱鞘内注射が奏功します。 注射がいやな方でも低出力レーザーなどの方法で改善している方もいます。

● 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症は、長年の生活習慣などにより骨がスカスカになって弱くなる病気です。

骨粗鬆症になっても、最初は何の症状もありませんが、そのうち腰や背中が痛くなったり、曲がったりしてきます。 ひどくなると骨折を起こして寝たきりの原因にもなります。 骨粗鬆症は閉経期以降の女性や高年齢の男性に多くみられますが、若い人でも 栄養や運動不足、副腎ステロイド剤などの影響でかかることもあります。 長年の生活習慣が原因となることから、生活習慣病の一つと考えられています。

■ 陥入爪治療

つめの端が肉に食い込んできて、局所の腫脹・疼痛をひき起こす疾患。

悪化すると出血、細菌感染を起こし、歩行困難な疼痛が出現します。VHO式からフェノール法、ワイヤー法など個々の状態にあった治療法を選択していきます。軽い方、ひどくならないので放置していませんか? 手術がすべてではありません!

● VHO法

肉芽形成されていても行える治療法。治癒率はかなり高い方法。この方法で手術の件数が減りました。

ワイヤー法

● フェノール法

痛みを伴って爪の切足しにより、肉芽に爪がつい込んでいる方には、手術をお勧めしています。

フェノール法

● ワイヤー法

巻き爪でも爪が伸びている方に行える。ワイヤーを爪に差込み、強制していく方法。

ワイヤー法

サイトマップ TOPへ